高度救命救急センター関連施設・病棟構造

・救急センター専属の集中治療室があり、全10床を保有しています。

・その他に4Fに他科共有のSurgical ICU・ICUを12床、熱傷ユニットを2床を保有しています。

・軽快後、ICUから移るセンター専属の一般病棟があり、全34床を保有しています。

東病棟3F:中央手術部

・EICUのすぐ上の階にあり、センター初療室やEICU・ICUとほぼ直結しています。ですので、緊急手術の際は、迅速に搬入し手術を行う事が出来ます。また初療室で緊急手術をする際も、手術器械を円滑に用意することができます。

・4Fに他科共有のSurgical ICU・ICUを12床を保有し自由に使用することができます。さらに救急センター専属の熱傷ユニットを2床を保有しています。

・その他2Fには救急センター専属の集中治療室があり、全10床を保有しています。

・軽快後、ICUから移るセンター専属の一般病棟があり、全34床をも有しています。

熱傷室:BurnUnit

・広範囲熱傷用の熱傷室を2床保有しています。

・広範囲熱傷患者様専用の浴室があり、感染の伝搬を予防しています。

 

© 2023 by Success Consulting. Proudly created with Wix.com.

  • Instagram
  • Wix Facebook page
  • Twitter Classic
  • Google Classic